目の病気

白内障

レンズの役割をする水晶体が濁り、光を十分に通さずに
かすみや視力低下を起こす病気です。

  • Symptom症状

    白内障

    眼の中でレンズの役割をする水晶体が濁って、光を十分に通さなくなるため、視力が低下し、ものがかすんで見え、患者様ご本人の黒目が白っぽく見えます。

  • Cause原因

    多くは病気というより老化現象ですが、糖尿病やアトピーをお持ちの方には発症しやすく、紫外線、外傷、ステロイド薬などでも起こります。

  • Treatment治療

    日常生活に支障のない程度の白内障では、点眼薬で進行を遅らせます。ごく一部の緊急手術を要するタイプ(過熟白内障)を除いて、早急に手術が必要になることはありませんし、失明するわけではありません。患者様ご自身が日常生活や仕事に支障を感じたら、手術を受ける時期が近いと考えます。それまでは無理せず、定期的に点眼薬による予防、経過観察を行います。

  • Surgery手術

    ある程度進行した白内障では手術が必要です。白内障手術は安全性の高い手術ですが、決して合併症が 0%ではありません。白内障が著しく進行してから、または年齢が80歳を超えてからでは、合併症を起こす可能性が高くなってしまい、安全な手術が出来なくなることがあります。ですから白内障の程度・タイプ・症状の程度・患者様の年齢等を考慮して、手術時期をご相談のうえ、決定させていただきます。当院院長は白内障手術を得意分野としております。通常の症例から他院で手術を断られた難症例まで対応可能ですので、お困りの方はご相談ください。

    白内障手術

pagetopへ