手術・治療

硝子体手術

濁ったり膿んでしまった硝子体を取り除いたり、
はがれた網膜の接着など、眼科の最も高度な手術です。

MEDICAL Treatment OF VITREOUS硝子体手術の概要

硝子体の手術費用

全額健康保険適用 1割負担の方約35,000~60,000円(片眼)
3割負担の方約100,000~180,000円(片眼)

*費用は個人差があります。上記金額は手術のみの目安としてお考えください。

Feature当院の硝子体手術の3つの特徴

  • 高度な手術の執刀実績

    眼科手術の中で、最も高度な硝子体手術を行う医師は非常に少なく、福島県全体でも眼科医180名中10名程度です。当院院長は、糖尿病網膜症、網膜剥離などの難症例に、数多く執刀してきました。手術によって失明が防げられたり、少しでも視力改善が望める症例は、手術そのものが難しかったり、他院で断られた難症例(糖尿病網膜症、網膜剥離等)でも、できる限り対応します。
    ただし、糖尿病網膜症で血糖コントロールが非常に悪いなどの全身的な問題があり、入院加療が適当な場合は、入院が可能な施設をご紹介します。網膜剥離、糖尿病網膜症等の難症例は視力の改善は困難で、執刀医師に関わらず失明予防でさえも難しい現実を抱えています。

    院長紹介

  • 硝子体手術ビデオ

  • 切開創わずか1mm以下の小切開

    最新鋭の手術機器を用いて、25ゲージ(0.5mm)、23ゲージ(0.7mm)という小切開手術を行います。術後の腫れ(炎症)や出血・痛みが少なく、ばい菌が入りにくいばかりか、創口の治りが早いので、手術後の回復が早いのが特徴。手術後の入院は必要なく、日帰りが可能です。手術による乱視が起きにくく、術後の視力がよいこともメリットです。

  • 簡単な症例で平均20分の手術

    手術時間は、病気の種類や病状によって異なりますが、簡単な症例で約20分、難しい症例で2時間程度です。平均すると白内障と同時手術で40分程度です。
    特に難しい例では、数時間かかる場合もあります。

当院の硝子体手術の実績

所属年度手術件数
前勤務施設平成16年度42
平成17年度129
平成18年度153
平成19年度89
平成20年度103
平成21年度147
平成22年度199
平成23年度124
平成24年度209
平成25年度(12月まで)137
当院平成25年度
(H26.2.10〜3.31)
13
平成26年度139
平成27年度156
平成28年度187
平成29年度170
平成30年度174
合計2,171
目の病気

硝子体手術に適応する病気は、糖尿病網膜症網膜剥離黄斑円孔黄斑前膜網膜静脈閉塞症硝子体出血硝子体混濁眼内炎などがあります。各ページをご覧ください。

目の病気について

日本眼科学会のウェブサイトに、様々な目の病気に関する詳しい情報が掲載されています。ぜひご覧ください。(別ウィンドウが開きます)

pagetopへ